2015年11月17日

運命を変える30歳からの生きかた

運命を変える30歳からの生きかた―万象算命で幸せになる実践講座 (Book of dreams) -  運命を変える30歳からの生きかた―万象算命で幸せになる実践講座 (Book of dreams) -


 ページ数も少ないコンパクトな一般向けの解説書です。
 中年期以降の生き方をテーマとして、

 
●中心星と第2従星(十二大従星)(十二運)の組み合わせの読み方
●大運(想運)の読み方

 
が説明されています。


 最近は十二運を見ないという四柱推命流派も出てきています。
 しかし、私自身に限って言えば、十二運を含めて算命学の人体図は非常に当てはまって納得できるので、算命学寄りになってしまいます。
 確かに本書の記述は、分量が少ないのですが、私に関しては当たっています。
(実践的で興味深いテーマを扱っているので、もっと分量を増やして専門書としても使えるレベルだったら良かったのにと思います。)

  
 ところで、中心星と十二大従星といえば、算命学では、石門天将の組み合わせは社長の組み合わせと言われています。
 何を隠そう、あの安倍晋三はこの石門天将の組み合わせを持っているのです。
 実力も適性もないバカボンでも家柄と血筋と持って生まれた星さえあれば総理大臣にも独裁者にもなれることができるという悪い見本です。
 一方、現代日本を蝕むもう一方の雄・橋下徹については、鳳閣天貴の組み合わせ。本書の記述によると

 
 穏やかさと純粋さのある人
 冒険はしないで常識的で手堅く人生を進んでいく人
 平和で安定したムードの中が合う
 不安定で荒れたムードは合わない


……?むしろ、正反対では?
 8つある陽占の星の2つだけ取り出しても正確な分析はできないし、陰占も含めて総合的に見ないと分からないということでしょうか。
(検索すると、橋下徹の命式を分析した記事が色々出てきます)

  
 年運ではなく大運を出して解説するというのも、本書の特長です。
 吉田美和さんの例を挙げて解説されています。
 吉田さんは70歳からの大運が大運天中殺となります。


「実質的にはもはやその影響は無視して結構です」


という記述がありますが、本書には大運天中殺についての解説はありません。
 大運天中殺の出し方や解釈は色々複雑な決まりごとがあるようです。
 どうせならそこまで解説していただきたかったですね。

 
 ともかく、一般の解説書にはあまり記述のない応用的な解釈法がテーマになっているので、結構使い出のある、コンパクトながら役に立つ一冊だと思います。


万象算命創楽院 公式サイト http://www.bansho-sanmei.com/


未来派算命学序説 万象算命―心観星命樹
  http://yorodzu.seesaa.net/article/111508327.html
『冬のソナタ』の占星学(算命学)
  http://yorodzu.seesaa.net/article/121946774.html
坂本龍馬を算命学で分析すると……?
  http://yorodzu.seesaa.net/article/139450518.html
四柱推命 完全マニュアル
  http://iching.seesaa.net/article/428499464.html


ブクログ http://booklog.jp/item/1/4901722336
読書ログ http://www.dokusho-log.com/b/4901722336/
読書メーター http://bookmeter.com/b/4901722336


(※今まで、占い関係の記事は
ありゃま商会 の回覧板【占い】カテゴリ記事
   http://yorodzu.seesaa.net/category/3865553-1.html 
を中心に書いてきましたが、あちらはツイート収録専用にして、
以後占い関係の記事はこちらのブログに収録することにしました。)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
ありゃま商会 の回覧板【占い】カテゴリ記事(過去ログはこちらになります)
   http://yorodzu.seesaa.net/category/3865553-1.html 
易経六十四卦イメージ記憶法 ガンダム編 一覧
   http://iching.seesaa.net/article/165189964.html
ツイッターやっています。 https://twitter.com/aryamashoukai
 OLDIES 三丁目のブログ  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/


 20世紀少年少女SFクラブ http://sfclub.sakura.ne.jp/  
ラベル:算命学
posted by 曙光庵主人 at 06:48| Comment(0) | TrackBack(3) | 命占 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

天中殺も大殺界も乗り越える 万象算命学
Excerpt:  天中殺も大殺界も乗り越える 万象算命学 -  算命学の理論を陰陽五行説を引用しながら記述。  これはもう、哲学や思想です。  本書で述べられている哲学は、高尾義政師の教えに元からあって算命学各..
Weblog: 万年週末占い研究青年の覚え書き
Tracked: 2015-12-01 20:42

万象学と算命学
Excerpt:   『チャンスを生かす幸せのリズム―天中殺の驚異』(1998年)  一番気になる「年運」と「天中殺」に焦点を当てて書かれた、すぐに役立つ・いつまでも役立つ永久保存版。 『「大運天中殺」で幸せをつか..
Weblog: 万年週末占い研究青年の覚え書き
Tracked: 2016-02-17 20:41

天中殺について
Excerpt:  私が占いを学ぶ時に一番気になるのは、性格分析よりも、人生の流れ(開運期・衰運期)です。  つまり、10年毎の大運であり、毎年の年運であり、一部の占術で重視される天中殺という衰運期についてです。  以..
Weblog: 万年週末占い研究青年の覚え書き
Tracked: 2016-04-20 21:08