2015年12月01日

天中殺も大殺界も乗り越える 万象算命学

天中殺も大殺界も乗り越える 万象算命学 -  天中殺も大殺界も乗り越える 万象算命学 -


 算命学の理論を陰陽五行説を引用しながら記述。
 これはもう、哲学や思想です。
 本書で述べられている哲学は、高尾義政師の教えに元からあって算命学各派に継承されているのか、それとも、伯耆師が独自に追求した師の流派に独特のものなのか。ともかく、算命学を学ぶ者にとって有意義な記述だと思います。

  
 本書は、著者が8年前に出された「天中殺も大殺界ももう怖くない」を書き改めたもの。


天中殺も大殺界ももう恐くない―開運は、心の改良から始まる (Book of dreams)
天中殺も大殺界ももう恐くない―開運は、心の改良から始まる (Book of dreams)


 よって、天中殺理論が中心になっています。
 この天中殺理論、算命学に独特の思想です。
 12年のうち2年間、新たなことを始めると失敗するという、少々マイナス思考の理論。
 成功哲学の本を色々読んでいると、決断・実行が大切だという積極思考が強調されていることが多い。
 行動はタイミングです。「幸運の女神には前髪しかない」とも言われます。
 成功の秘訣として、ここだ、と思った時に躊躇していると好機を逃がす、という観点から書かれていることが多いですね。
 カーネギーがナポレオン・ヒルに事業を持ちかけた時、決断に1分以上かかると見切りをつけるつもりだった、と述べています。
 (この本で知ったエピソード:http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20150905/p1 )
 ましてや、「天中殺が明けるまで待って下さい」「易をたてて判断します」なんて言ったりすると、ハイ、それまでじゃ!

  
 それに、アラフォーの身にとって結婚は切実な問題。2年間待てなんて悠長なこと言ってる場合ではない。
 しかしよく考えると、天中殺理論を知らない人が決断する時、天中殺である確率は、6分の1。
 つまり、6分の5は成功し、6分の1は失敗するという確率理論?
(もちろん、年の天中殺のみならず月や日の天中殺もあるので、それらを加えると、確率はどうなるんかの?)
 算命学を学ぶ場合、天中殺をどう解釈するか。
 重要な問題です。
 今後も考えていきます。


万象算命創楽院 公式サイト http://www.bansho-sanmei.com/

   
運命を変える30歳からの生きかた
  http://iching.seesaa.net/article/429795217.html
未来派算命学序説 万象算命―心観星命樹
  http://yorodzu.seesaa.net/article/111508327.html
『冬のソナタ』の占星学(算命学)
  http://yorodzu.seesaa.net/article/121946774.html
坂本龍馬を算命学で分析すると……?
  http://yorodzu.seesaa.net/article/139450518.html


ブクログ http://booklog.jp/item/1/4896107799
読書ログ http://www.dokusho-log.com/b/4896107799/
読書メーター http://bookmeter.com/b/4896107799


(※今まで、占い関係の記事は
ありゃま商会 の回覧板【占い】カテゴリ記事
   http://yorodzu.seesaa.net/category/3865553-1.html 
を中心に書いてきましたが、あちらはツイート収録専用にして、
以後占い関係の記事はこちらのブログに収録することにしました。)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
ありゃま商会 の回覧板【占い】カテゴリ記事(過去ログはこちらになります)
   http://yorodzu.seesaa.net/category/3865553-1.html 
易経六十四卦イメージ記憶法 ガンダム編 一覧
   http://iching.seesaa.net/article/165189964.html
ツイッターやっています。 https://twitter.com/aryamashoukai
 OLDIES 三丁目のブログ  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/


 20世紀少年少女SFクラブ http://sfclub.sakura.ne.jp/  
ラベル:算命学
posted by 曙光庵主人 at 06:48| Comment(0) | TrackBack(2) | 命占 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

万象学と算命学
Excerpt:   『チャンスを生かす幸せのリズム―天中殺の驚異』(1998年)  一番気になる「年運」と「天中殺」に焦点を当てて書かれた、すぐに役立つ・いつまでも役立つ永久保存版。 『「大運天中殺」で幸せをつか..
Weblog: 万年週末占い研究青年の覚え書き
Tracked: 2016-02-17 20:41

天中殺について
Excerpt:  私が占いを学ぶ時に一番気になるのは、性格分析よりも、人生の流れ(開運期・衰運期)です。  つまり、10年毎の大運であり、毎年の年運であり、一部の占術で重視される天中殺という衰運期についてです。  以..
Weblog: 万年週末占い研究青年の覚え書き
Tracked: 2016-04-20 21:08