2016年07月22日

宿命エネルギー数占い

宿命エネルギー数占い -   宿命エネルギー数占い -


 数理法
 十大主星が年運に回った時の意味
 天中殺の相性

  
 の3つのポイントに絞って実践的に解説された書。
 菊池師の著書は、簡にして要を得ています。
 読めば読んだだけ力になるといった感じです。

  
 数理法とは、生年月日の干支を点数化する方法。
 ネット上には、無料で計算するソフトがあります。

   
(例) 
万象学宿命診断プログラム
  http://www.fan.hi-ho.ne.jp/abeshi/banshou/index.html
猫舌本舗の別荘 万象学計算
  http://nekojitahonpo.ciao.jp/bansyo/bansyo.html


 私の結果は、以下のようになりました。

  
守備 : 32
表現 : 16
魅力 : 20
攻撃 : 75
学習 : 82

  
 計225

  
 総計225とは、平均より少し高い目。自分では体力もないし気も弱いので平均より少ないと思っていましたが、これは意外。
 しかし、表現本能が少な目とは、残念です。

  
 私は子どもの頃から、身体を動かすのが苦手で、部屋にこもって読んだり書いたりばかりしていました。
 新聞チラシの裏の白いのを集めて冊子みたいに折って本のようにして色々駄文を連ねていました。
 小学校の時代に好きだった授業は、図書と作文。読むことと書くことに特化した子どもで、とにかく自分の書いた文章を活字や本にすることが夢でした。
……それが、表現本能がこれだけしかないとはショックです。

  
 思えば、私は他人とのコミュニケーションが苦手で、意思疎通がうまくいかない傾向にあります。無視されたり誤解されたりすることも多いし。やはり表現本能が少ないのは当たっています。

  
 陰占の数理法でなく、日干を通して変通星を出した陽占では、陰の漏星が2つ出てきます。
 確かに私の性格は、子どもの頃から陰の漏星そのものでした。
 文章を書くのが好きなのは、数理法ではなく、変通星を見ないと分からないでしょう。
 だから複雑な人間を分析するのに、干支だけで見たり変通星だけで見ていては見落としがある、
 陰占の数理法と陽占の変通星の両方で見ることが必要ではないか。
 そして陰占の数理法は生まれ持った才能(無意識)を表し、陽占の変通星は後天的な好み(意識)を表すのではと。
 好きこそものの上手なれというように、私は表現の才能は持っていないけど、磨いていくと上達できる、という風に見るのではないかと。

  
 私の場合、数理法で一番高い本能は学習本能の82点。
 陽占で星を出しても、陰陽の印星が1つづつ出てきます。
 だから学問の道に入るのが一番良かったのでしょう。
 こういうことは社会に出る前に知っておきたいものです。
 現実は、高校時代に精神を病んで何もできなくなり、文芸の道も学問への道も断たれ、人生にも落伍してしまいました。
 人生の成功に一番大事なのは精神・心理の健康なのです。

  
 学習本能の82点に次いで高いのは攻撃本能の75点。
 リアルに私を知っている人は、私が攻撃型か守備型かと問われれば、十中八九までが守備型だと思っているでしょう。
 以前少林寺拳法を習っていた時、攻撃型より受け型だと言われたこともあります。
 しかし私の匿名ブログや匿名ツイッターを見ると、かなり攻撃的なこと書いています。
 例えばこのブログでも、一つ前の記事は攻撃本能全開の見本のような記事です。
 現実の世界では猫をかぶっていて、匿名のネット活動では攻撃本能を発揮しているのでしょう。


……とまあ、私一人を自己分析してみても、裏表のある複雑な性格で、陽占だけ・陰占だけで判断していては片手落ちになることが予想されます。
 算命学で占うには、陽占と陰占を駆使して見ていかないといけないなと思った次第です。


万年週末占い研究青年の覚え書き
 万象学と算命学
  http://iching.seesaa.net/article/433895395.html


ブクログ http://booklog.jp/item/1/4062114062
読書ログ http://www.dokusho-log.com/b/4062114062/
読書メーター http://bookmeter.com/b/4062114062

(※今まで、占い関係の記事は
ありゃま商会 の回覧板【占い】カテゴリ記事
   http://yorodzu.seesaa.net/category/3865553-1.html 
を中心に書いてきましたが、あちらはツイート収録専用にして、
以後占い関係の記事はこちらのブログに収録することにしました。)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
ありゃま商会 の回覧板【占い】カテゴリ記事(過去ログはこちらになります)
   http://yorodzu.seesaa.net/category/3865553-1.html 
易経六十四卦イメージ記憶法 ガンダム編 一覧
   http://iching.seesaa.net/article/165189964.html
ツイッターやっています。 https://twitter.com/aryamashoukai
 OLDIES 三丁目のブログ  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/


 20世紀少年少女SFクラブ http://sfclub.sakura.ne.jp/  
ラベル:算命学 菊池桂子
posted by 曙光庵主人 at 06:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 命占 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

声相学入門―声による人物診断
Excerpt:   声相学入門―声による人物診断 -
Weblog: 万年週末占い研究青年の覚え書き
Tracked: 2016-10-25 21:14