2017年03月02日

黄小娥の易入門

黄小娥の易入門 -   黄小娥の易入門 -



 かつてベストセラーとなった伝説の名著の復刻版。
 周易について分かりやすく解説されています。
 六十四卦の解説は、最後に黄師の占例が紹介されています。
 爻まで出さずに卦だけで見た占例です。
 卦本来の意味だけで解釈する占例も勉強になります。卦だけでも連想を広げていくと、かなり広く細かいところまで分かるものです。

  
「長年の経験から、率直に、正しい心をもって占えば、その占いはかならず当たると断言します。」
  
「努力を惜しまず、習練を続けているうちには、その的中率も60パーセント、70パーセント、75パーセントというように、かならず上がっていくものです」
  
「心乱るれば、占いもまた正しからず」
  
「もう人に占ってもらう必要はないはずです。」
   
 黄先生が励まして下さっています。今後は自信を持って占いましょう。

 
「地火明夷」の項目で紹介されている歴史的占例です。


 文化二年十二月冬至の日、土御門家従三位安倍泰栄が明年の安否を占って
「明夷」を得、真勢中洲の門弟・松井羅州に解釈を求めた。
「おそらく火難でしょう。」
 その通り、翌年、江戸は大火に見舞われたという。
 勉強になります。敬服致しました。

 
 これも「明夷」の項目から。
 事業に失敗した男性を黄師が占った占例です。
「明夷」が出たので、悪ければ悪いなりに活路を見出してあげたいので顔をよく見たところ、皮膚の下に少しよい色が出て体全体から回復の気力が感じられたので励ましたところ、翌年には元気になってお礼を言いに来られたという。
 人相学でも気色を見るとか体全体の雰囲気を見るとかはかなりの達人レベルとなり、簡単にできるものではありません。
 しかし、易を学んでいる以上、生意気かもしれませんが、このくらいの境地に至りたいものです。


「山水蒙」の項目で、ヘッセ『ガラス玉遊戯』で、主人公が易の師匠に弟子入りするシーンが紹介されています。
 これは読まないといけないな。


ガラス玉演戯 (Fukkan.com) -   ガラス玉演戯 (Fukkan.com) -


  [wikipedia:黄小娥]
  [wikipedia:ガラス玉演戯]


出版社紹介ページ
  https://www.sunmark.co.jp/detail.php?csid=9580-7

  
 何とコラボ映画化もされたとか。これは見たい。

 
B・G物語 易入門 | 映画-Movie Walker
  http://movie.walkerplus.com/mv20541/
日本映画製作者連盟によるデータ
  http://db.eiren.org/contents/04110108901.html
■日のあたらない邦画劇場■
  http://home.f05.itscom.net/kota2/jmov/2012_01/120159.html
幻想館 映画評
  http://www.ne.jp/asahi/gensou/kan/eigahyou70/BGmonogatariekinyuumon.html
昔の映画を見ています 富本壮吉「B・G物語 易入門」他
  http://mukasieiga.exblog.jp/18811466/



 ↑オーディオブック版と併用すると効果倍増です。


ブクログ 
 http://booklog.jp/item/1/4763195808
 http://booklog.jp/item/1/B000JALOZQ
 http://booklog.jp/item/1/433470493X
読書ログ 
 http://www.dokusho-log.com/b/4763195808/
本が好き!
 http://www.honzuki.jp/book/57364/
読書メーター 
 https://elk.bookmeter.com/books/128645
 https://elk.bookmeter.com/books/709831
 https://elk.bookmeter.com/books/1243495


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
ありゃま商会 の回覧板【占い】カテゴリ記事(過去ログはこちらになります)
   http://yorodzu.seesaa.net/category/3865553-1.html 
易経六十四卦イメージ記憶法 ガンダム編 一覧
   http://iching.seesaa.net/article/165189964.html
夏目漱石の『三四郎』をタロットにしてみました
   http://sanshirou.seesaa.net/article/418855219.html


ツイッターやっています。 https://twitter.com/aryamashoukai
 OLDIES 三丁目のブログ  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/


 20世紀少年少女SFクラブ http://sfclub.sakura.ne.jp/  
ラベル:黄小娥
posted by 曙光庵主人 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック