2017年11月21日

算命姓名学入門 八木橋信忠師

 先日、『算命学姓名開運法』という本を読みました。

 
万年週末占い研究青年の覚え書き
 算命学姓名開運法
  http://iching.seesaa.net/article/454836011.html

  
 上の書は現在でも入手可能であり、いわば最新の理論です。
 算命学による姓名判断の本といえば、絶版になった本もあります。
 例えば、1980年(昭和55年)発行の本書です。




算命姓名学入門―生年月日で知る名前の運勢 (1980年) (ワニの本―ベストセラーシリーズ) -

  算命姓名学入門―生年月日で知る名前の運勢 (1980年) (ワニの本―ベストセラーシリーズ) -


 八木橋信忠師は、算命学宗家・高尾義政師の直弟子であり盟友・片腕とも言える方だったという記述がネット上にありました。
 読んでみると本書の方法は、『算命学姓名開運法』と大きく違っていました。
 名前を「外運」「内運」に分けて判断。
「外運」は、生年月日と姓の画数で五行の陰陽の十種類に分類。
「内運」は、名前の画数で五行に分類。
 これらを組み合わせて「十方極」と「五大翼」に分類します。
 例えば、鳳蘭極、三麗極、八寿極、天華極、……。
 なかなか重厚な漢字の連続で圧倒されてしまいます。
 しかし最新版の『算命学姓名開運法』では、バッサリと切り取られています。
 そもそも、画数の数え方が違っています。旧字体の数え方だと言いながら、例えば本書では
 ころもへん 6画
 しんにょう 7画
とされていますが、『算命学姓名開運法』ではそれぞれ5画、4画
となっています。
 研究の過程でシンプルに洗練され、大きく変わっていったのでしょう。
 高尾義政師が1974年に出版した『ツキを変える改姓改名術』があります。さすがにプレミアムがついていてとても購入できません。
 幸いヤフオクで目次を見ることができたのですが、本書の方法と同じく、「十方極」に分類されていました。
 八木橋信忠師は高尾義政師が存命中に早逝されたようです。
 八木橋師が亡くなった後も高尾師は姓名判断の研究を続けられ、その最新成果が清水南穂先生に受け継がれ、今日に至っているのでしょうか。
 一つの学問の成立過程です。

 
 なお、
第1章 いままでの方法とは次元が違う なぜ、算命姓名学なのか
は、易学の理論を根本から積み上げて述べていて興味深い。
 八木橋師の一般向け算命学入門書はネット上でも評価が高いのですが、その定評ある解説の姓名判断版ということで、この部分だけでも読み・保管しておく価値があると思います。




たとふれば猫かもしれず 八木橋信忠 「中国占星術算命学(宿命編)」
   http://kidonohitsuji.blog100.fc2.com/blog-entry-36.html


万年週末占い研究青年の覚え書き
 守護神―中国占星術 算命学 八木橋信忠師
   http://iching.seesaa.net/article/438066669.html


復刊ドットコム 復刊リクエスト 中国占星術算命学(宿命編)
   http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=20718


   算命学カウンセラー協会 高尾義政氏


数流9星術の細かい話 干支法、愛の集団心理状態。
   https://ameblo.jp/uranaisishuki/entry-12076082140.html


万年週末占い研究青年の覚え書き
 算命学姓名開運法
   http://iching.seesaa.net/article/454836011.html
 日本国憲法は【申酉天中殺】!
 安倍晋三は憲法改悪をするべくして生まれて来た“恐怖の男”だった!
   http://iching.seesaa.net/article/454859232.html


ブクログ
 http://booklog.jp/item/1/B000J8AKJE
 http://booklog.jp/item/1/4584003939
読書メーター 
 https://bookmeter.com/books/3245179
 https://bookmeter.com/books/5108782
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
ありゃま商会 の回覧板【占い】カテゴリ記事(過去ログはこちらになります)
   http://yorodzu.seesaa.net/category/3865553-1.html 
易経六十四卦イメージ記憶法 ガンダム編 一覧
   http://iching.seesaa.net/article/165189964.html
夏目漱石の『三四郎』をタロットにしてみました
   http://sanshirou.seesaa.net/article/418855219.html


ツイッターやっています。 https://twitter.com/aryamashoukai
 OLDIES 三丁目のブログ  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/


 20世紀少年少女SFクラブ http://sfclub.sakura.ne.jp/  
ラベル:算命学
posted by 曙光庵主人 at 06:51| Comment(0) | 命占 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: