2010年10月10日

真壁刀義 VS 小島聡

■新日本プロレス■
10/11(月) 東京・両国国技館 
<IWGPヘビー級選手権試合 60分1本勝負>
真壁刀義(第54代王者) VS 小島聡(挑戦者/G1クライマックス2010優勝)
  
 真壁対小島のIWGPヘビー級選手権試合がいよいよ明日行われる。
 この試合に関しては全く予想がつかない。
 よく、プロレスにはシナリオがある、と主張する人や、この試合の背景はこうだからこういうシナリオになっている、と説明する事情通がいる。
 私はそこまでマニアでも事情通でもない。
  
 かつては週刊ファイトや週刊プロレスを定期購読していたくらいだが、今では時間もお金もないので、TV(地上波only)で放送しているワールドプロレスリングを録画して見るだけの一ファンである。だからこの試合のシナリオがどうなっているのか全く見当がつかない。
 ただ、興行的に見れば外敵の小島が勝って新日勢が取り返しに行くというストーリーの方が盛り上がるとは思うが。過去にも武藤敬司のIWGPや丸藤正道のIWGPJRでの例がある。
 一昔前の新日では他団体の選手が勝つなんて考えられなかったものだが、時代は変わるもんだ。
 しかし今回の結果はやはり見当がつかないのである。
  
 私個人はどちらを応援しているというのでもなく、盛り上がって新日およびプロレス界全体が活性化すればいいと思っている。
 易でこの試合におけるお二方を占ってみた。
   
続きを読む
ラベル:プロレス
posted by 曙光庵主人 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 占例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする