2011年01月29日

小島vs.真壁 1.30挑戦者決定戦

 棚橋の持つIWGP王座への挑戦権をかけて行われる1月30日後楽園大会の小島聡vs.真壁刀義の挑戦者決定戦。
 挑戦者決定戦が行われるのは盛り上がっていい。その時点で一番強い挑戦者が挑戦するべきだから、名乗りを上げた者が戦って決めるべき。
 検索すると前王者のリマッチ権について批判的な意見もあったが、前王者に2連勝してこそ真の王者だと思われるから、あってしかるべき。
 昔はリック・フレアーとハーリー・レイスがNWA王座を争って何度も王座を取り合ったり、フレアーのNWA王座を狙ってブロディやケリー・V・エリックやレックス・ルガーやスティングなんかが何度も挑戦したりしていたもんじゃ。
 前王者のリターンマッチというのもよく行われていた。
 最近の人はどう思うか知らないが、昭和プロレスに郷愁を持つ者にとってリターンマッチというのは古き良き概念じゃ。
  
 そこで小島と真壁の挑戦者決定戦である。どちらが勝ってもおかしくはない戦いである。
 はっきり言ってどちらが勝つか全く予想できない。
 
 前回の戦いで負けた真壁が雪辱を晴らすというのが最も考えられる結果である。
 しかし、興業的に考えると小島が勝つ方が盛り上がるのではないだろうか。
 今後の展開のことを考えて世代交代を図るのか、もう一度小島や永田らの世代を盛り立てていくのか。
 色々と邪推してしまう。
 フリーとなった小島もここで負けると厳しいので絶対に負けられないところであろう。
 しかしどちらが勝つか本当に想像がつかない。
……とここまで一人思考プロレスしてみて、1月30日の二人の武運について易を立ててみた。
   
続きを読む
ラベル:プロレス
posted by 曙光庵主人 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 占例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

小島聡 VS 棚橋弘至 〜棚橋出撃す〜

 毎年恒例の1月4日はプロレスの日、新日ドーム大会である。
   
レッスルキングダムX in 東京ドーム
2011/01/04(火) 17:00 東京・東京ドーム
第11試合 60分1本勝負
小島聡 VS 棚橋弘至

http://www.njpw.co.jp/match/card.php?e=132
 
  
 昨日の永田VS鈴木に続いて本日は小島VS棚橋について考えたい。
  
 この試合もどちらが勝つか想像もつかない試合である。
 一昔前の新日なら外敵が長期間ベルトを持ち続けるなんて想像もつかない事態だが、つい最近も武藤敬司のIWGPや丸藤正道のIWGPJRでの長期政権の例がある。
 あの時も、今回こそは奪回だ、と思いながら試合を見ていたものである。外敵長期政権は話題的・興業的には盛り上がったのではないだろうか。
 
 今回も外敵王者へのリベンジマッチというストーリーで盛り上げて引っ張っていけば話題的・興業的に面白い展開になるだろう。
 しかしあまり外敵王者が続くのも新日のプライドも許さないだろう。
 ここらで新日の底力を見せてくれるのではないだろうか。
 
 挑戦者・棚橋弘至は中邑真輔が二連敗した武藤敬司からベルトを奪取した外敵王者キラーである。
 また、夏のG1決勝戦では決勝戦で小島に負けた悔しさもある。
 そして、小島&飯伏幸太VS棚橋&プリンス・デヴィットで行われた前哨戦では小島組が勝ったようである。
 前回の記事でも書いたが、私の限られた記憶によると、直前の前哨戦で負けた方が本番では勝つというパターンが多いように思う。
 となればメインもIWGP Jr.ヘビー級選手権試合 も新日側が勝つ可能性が高い、ということになるのではないか。
 
……とここまで一人思考プロレスしてみて、1・4ドーム大会での二人の武運について易を立ててみた。
  
続きを読む
ラベル:プロレス
posted by 曙光庵主人 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 占例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

永田 裕志 VS 鈴木みのる

 毎年恒例の1月4日はプロレスの日、新日ドーム大会である。
   
レッスルキングダムX in 東京ドーム
 2011/01/04(火) 17:00 東京・東京ドーム
  第5試合 30分1本勝負
   永田 裕志 VS 鈴木みのる

     http://www.njpw.co.jp/match/card.php?e=132
  
 私も既に昭和プロレスを知る古株とか古い世代に属す世代に分類されるようになってきた。永田ら第三世代に思い入れがあるので、この試合には注目している。
 新日の裏エースたる永田とUWF系戦士・鈴木との対抗戦とくれば、メインのIWGPヘビー戦に次ぐ注目カードだと思うのだが、この後にも試合がゾロゾロ並んでいるのはどういうことだ?
 かつてプロレスが盛り上がって専門誌紙が3つもあった歴史を思い出すようなレジェンド戦である。後の試合を食ってしまうような壮絶な試合を期待したい。
 
 さて試合の結果に関しては、全く想像もつかない。
 個人的には永田や中西や青義軍を応援しているので、永田に勝ってほしい。
 2007年1月4日のドーム大会では鈴木が勝っている。
 このような実力が伯仲したライバルの試合では、どちらかが連勝するとは考えにくい。前回負けた方が雪辱するケースが多いのではないだろうか。
 また、永田&井上VS鈴木&高山の前哨戦では、鈴木組が勝っている。
 私の個人的記憶では、前哨戦で負けた方が本番で勝つというケースが多いように思う。
 一人思考プロレスしてみると、永田の方が優勢のように思えるのであるが希望的見解か。
 そこで1・4ドーム大会での二人の武運について易を立ててみた。

  

永田裕志
  
51 震為雷 〜ジオンの脅威〜 五爻
 
━  ━ 
━  ━○ 
━━━
━  ━ 
━  ━ 
━━━
  
初 ○●●○●● 上
   
初 九六六九六六 上
 

鈴木みのる
 
45 沢地萃  四爻

━  ━ 
━━━
━━━○
━  ━ 
━  ━ 
━  ━ 

初 ●●●○○● 上
 
初 六六六九九六 上
 
  
※ ━━━ を陽
━  ━ を陰 として表す。
 また、陽は ○ や 九 で
    陰は ● や 六 でも表す。
 
   
続きを読む
posted by 曙光庵主人 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 占例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする