2021年05月23日

間違いだらけの手相占い 加藤乾修

間違いだらけの手相占い - 加藤 乾修


 タイトルや表紙を見ると、一体どんなことが書かれているのかと気になるのですが、そんなに大きな違いはないように思います。
 一番大きな主張は、「生命線」は「生活線」と言うべきものである!というもの。
 生命線が短くても短命というわけではなく、知能線や他の線が良ければ長生きできる、というようなことが書かれています。
 しかしそのようなことは現在の他の手相の本でも当然のように書かれています。
 一つ注目するべき点として、小指に向かう縦線を「財運線」と取らずに「健康線」としている点。
 しっかりした判断基準を持たないと「財運線」と「健康線」の区別はどうするのか判断に迷うことがあります。
「健康線」を取らない流派もありますが、加藤式では財運線を取らないようです。
 他、「運命線は苦労を表す」「運命線は女性には出ない方がいい」などと、東洋流手相学的な見解を取る面もあります。掌紋の記述が多いこともそうです。
 
 加藤式では男性は生命線を重視し、女性は感情線を重視するようです。
 知能線は男女を問わず生きる力・能力・脳波などを表し、人の生きる活動力を表していて極めて重要ということです。
 加藤師の友人であった荏原病院の外科部長鈴木先生は知能線と脳波のかかわりに気付き、加藤師と共同研究することになっていたが惜しくも急逝されたということです。

 著者・加藤師はお父上も易占家をされていて、お父上から色々学ばれたようです。
 海外の占い師の友人も多いようです。
 

【個人的メモ】
 短い太陽線が太陽丘上に数本現れる場合
……芸術家に多い。あれこれと目的を変える心の定まらない人。
気が散り、夢が多いために事業や企業で成功することは少ない。
 
 私の右手はこの線です。
 まさしく当たっています。
 他人様にこの線があったら
「ラッキーな線が沢山あっていいですね。
 しかし分散して気が散る傾向にあるからどれかに集中しましょうね」
とか言ってあげたらいいのでしょうか。

天徳貴人占い入門―四柱推命の原典『淵海子平』の愛と幸福判断 (カラスの本) - 加藤 乾修
天徳貴人占い入門―四柱推命の原典『淵海子平』の愛と幸福判断 (カラスの本) - 加藤 乾修

淵海子平(エンカイシヘイ) - 加藤 乾修
淵海子平(エンカイシヘイ) - 加藤 乾修

●ブクログ  https://booklog.jp/item/1/4893740016
●読書メーター  https://bookmeter.com/books/1580022


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
ありゃま商会 の回覧板【占い】カテゴリ記事(過去ログはこちらになります)
   http://yorodzu.seesaa.net/category/3865553-1.html 
易経六十四卦イメージ記憶法 ガンダム編 一覧
   http://iching.seesaa.net/article/165189964.html
夏目漱石の『三四郎』をタロットにしてみました
   http://sanshirou.seesaa.net/article/418855219.html


ツイッターやっています。 https://twitter.com/aryamashoukai
 OLDIES 三丁目のブログ  https://diletanto.hateblo.jp/
 20世紀少年少女SFクラブ https://sfklubo.net/
 
posted by 曙光庵主人 at 19:37| Comment(0) | 相術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: